フィンペシアで髪よ来い
フサフサになるためにも髪が来てくれないか、と考える男性

フィンペシアはプロペシアよりも安価だから安心して継続使用ができる!フィンペシアでフサフサになりたい方の参考になればと思い書いています。

病院での薄毛治療~保険適用外のプロペシア~

薄毛や抜け毛は病院での治療で、改善できる自時代になりました。
髪が抜けやすくなる原因は様々ですが、男性の場合AGAであるケースが少なくありません。

AGAとは男性ホルモンが原因で、薄毛となる症状の事を言います。
生え際や頭頂部が特に、薄くなりやすいのがAGAの特徴です。
男性ホルモンの「テストステロン」が、5αリアクターゼという酵素と結びつく事で、「ジヒドロテストステロン」というホルモンへと変化します。
ジヒドロテストステロンは、髪を作る毛乳頭の働きを阻害してしまうので、髪が抜けやすくなったり、まだ成長期にあるにも関わらず、髪が抜けてしまうのです。
このように、ジヒドロテストステロンの作用による、薄毛や抜け毛の症状がAGAと言われています。
AGAは髪が抜けやすくなるものの、毛根自体は残ってるので治療により、発毛の効果が十分に期待できます。

病院では5αリアクターゼの働きを弱める、「プロペシア」という内服薬で治療するケースが一般的です。
プロペシアを内服する事で毛乳頭の働きを阻害する、ジヒドロテストステロンを作り難くする効果が期待できます。
病院によってはプロペシアと、ミノキシジルという血流の流れを改善する内服薬と一緒に、処方して治療を行う場合もあるようです。

ただ、プロペシアは保険適用外ですので自由診療となっています。
保険適用外という事もあり、費用が心配という方も少なくないでしょう。

プロペシア単体の処方であれば、1ヶ月につき約1万円程度が相場です。
この他にミノキシジルも一緒に処方された場合は、プラス5000円程度が必要となるでしょう。
保険適用外といってもAGAの治療の場合、1ヶ月にかかる治療費は1万円から1万5000円程度が平均的です。